自動車業界はトヨタさえも崖っぷち 中国に加えて欧米市場も崩壊

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

ついに米国でも感染拡大。輸出減少で国内工場の生産停止が現実に。

米国混乱の影響は甚大だ。写真はロスの日産販売店

特集「激震!コロナ危機」の他の記事を読む

「こんなにも、世の中がガラッと変わることがあるのか」──。日本自動車工業会が3月19日に開いた定例会見。会長を務める豊田章男・トヨタ自動車社長は、冒頭のあいさつの中で、新型コロナウイルス感染拡大による社会の混乱をこう表現した。中国から始まった感染は、ここにきて欧州全域や米国、東南アジアなど全世界レベルにまで拡大。日本の製造業を代表する自動車産業への影響も一段と深刻なものになってきた。

欧州はイタリアやフランス、スペインなどで感染者が急増。人の移動が制限されたことを受け、3月16日以降、独フォルクスワーゲン(VW)グループなど主要な自動車メーカーが相次いで域内生産の一斉休止を発表した。日本勢も追随し、トヨタは欧州の主力生産拠点である英国やフランスを含め、6カ国の工場の稼働を停止。ポルトガルを除き、再開時期は決まっていない。日産自動車やホンダ、スズキも完成車工場を休止した。

さらに米国でも感染の拡大を受け、ゼネラル・モーターズ(GM)、フォード・モーター、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の米自動車ビッグスリーが18日、北米での生産停止を発表した。全米自動車労働組合の要請を受けた措置で、3月末まで北米にある全工場の操業を休止する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内