高まるESG投資の機運、日本はどう向き合うか リーマンショックとパリ協定がESG投資への関心を高めている

印刷
A
A

世界中で自然災害が深刻化している。因果関係は明確ではないとはいえ、気候変動の影響を思わせる事態を経験し、とくに若者世代の危機感は強い。昨年12月にスペインで開催された国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)に、これまでにないほど多くの若者が集まったことは印象的であった。

若者という「将来の顧客」が動けば政治家も経済界も動く。COPの会場には、ここ数年で金融関係者や自治体など、新たな分野の関係者が急速に増えている。とりわけ金融関係者の気候変動問題に関する関心は高い。

ここでは欧州を中心に議論が進む、持続可能な発展に寄与する金融・投資のあり方(サステナブルファイナンス)を考えてみよう。

投資の判断基準に環境や社会、企業ガバナンス(ESG)の視点を加えようとする動きは、2000年代初頭から活発になった。

企業の環境に関するデータ提供を求めるプロジェクトが00年にスタートしたほか、06年にはアナン国連事務総長(当時)が提唱し、「責任投資原則(PRI)」が策定された。法的拘束力のない国際ガイドラインだが、19年時点でわが国の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)を含む世界2372機関の署名を得ている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内