地球文明の危機 環境編 稲盛和夫編

地球文明の危機 環境編 稲盛和夫編

過去の文明がみな亡びたように現代文明もあと半世紀もしないうちに亡びるという問題意識から、来るべき危機に人類はどう対応すればよいのか。この壮大なテーマに取り組もうとする編者の呼び掛けに応え、異分野の専門家たちが参集した。「近未来の地球を暗示するアフリカの惨状」(石弘之)、「利他的遺伝子と文明」(大橋力)、「文明と科学技術」(伊東俊太郎)などの報告と討論はどれも興味深い。

強い危機感と広範な知見に基づく問題提起は国際的水準をいくものであり、特に大橋論文は遺伝子をめぐる俗説を圧倒して迫力十分だ。畑作牧畜文明と農耕漁労文明をめぐる松井孝典、安田喜憲らの論争など率直な議論が繰り広げられている点も異色だし、中でも利他的遺伝子論やピグミーの生き方を手掛かりとする社会のありようと未来へ向けての議論は極めて示唆に富む。経済社会、経営、文化などの分野も大いに啓発されるだろう。(純)

東洋経済新報社 2100円

    

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT