有料会員限定

佐藤誠治 東京スター銀行頭取(1982年 政治経済学部卒) 早稲田と私

印刷
A
A
さとう せいじ/1958年香川県生まれ。県立丸亀高校卒。早大卒。82年、東京貿易入社。89年、三井銀行(現三井住友銀行)に転職。2016年東京スター銀行副頭取。17年に頭取。[写真]東京・赤坂本社の執務室にて。手にしているのは早稲田大学のキャラクター「ワセダベア」(撮影:風間仁一郎)

現金を取り扱わず相談業務に特化した小型店舗を展開するなど、ユニークな経営で知られる東京スター銀行。同行頭取の佐藤誠治氏は、1978年4月に早稲田大学政治経済学部に入学した。

「慶応大学経済学部にも合格しましたが、早稲田を選びました」

外国航路の船員だった父親は、慶応大学への進学を勧めたという。

「父は慶応が大好きで、自ら経済学部の通信課程を受講していたくらいですが、親が強く勧めるほど、反骨精神が出るのは息子の宿命ですね。早稲田を選ぶのに迷いはありませんでした」

ちょうどこの頃は、学生運動もすっかり収まっていた時期。全共闘世代に対してコンプレックスを抱く世代だったという。

「五木寛之の『青春の門』を読み、葛藤する若き主人公に自分を重ねたこともあります。当時の早稲田の学生は7割が地方出身者で、非常に多様性に富んでいた。そのような中で香川から1人で上京したので、周囲がとんでもなく賢く見えた。その中でつねに『焦り』や『迷い』がありました。サークルもすぐやめてしまい、アルバイトざんまいでした」

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内