有料会員限定

400年の歴史と大阪魂でほんまもんの名物を発案 「いちびり庵」に込めた大阪への深い思い

印刷
A
A

今回はベタな大阪の土産物店を紹介する。そうはいっても、そこらの土産物店とは歴史が違う。豊臣秀吉による大坂城築城の頃、紙問屋として妹尾(せのお)氏により大坂二つ井戸で創業されたという。本家の名を取って屋号が「せのや」。社名も由緒正しいのだ。

「明治になって今の戎橋(えびすばし)筋に欧米文具の店を開きました。戦後、同地で『せのや文紙店』として復興。そして1974年、私が会社に戻ってからファンシー・バラエティーショップに業態を転換しました」そう語るのは、会長の野杁育郎(のいりいくろう)氏。早稲田大学文学部卒業後、数年間編集の仕事に携わった後、家業に復帰。当時会社は、本家がのれんを降ろしてから「分家せのや」として野杁家がそののれんを引き継いでいた。

野杁育郎会長(右)と福岡武志社長(左)の2人で、大阪を盛り上げる方法を日夜模索している

【会社概要とトップの横顔】 

せのや > 

天正年間創業、400年の歴史を誇る大阪土産専門店。「なにわ名物いちびり庵」4 店舗のほか、くいだおれ太郎オフィシャルフルーツパーラーも営む。

野杁育郎会長と福岡武志社長 > 

野杁会長は「なにわ名物開発研究会」会長でもあり、大阪名物振興の旗振り役。福岡社長は、前職で会長の遠い後輩。二人三脚でなにわ復権に挑む。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内