有料会員限定

統計不正問題が揺るがす「専門性」に対する信頼 厚労省内のデータ集計手続きは今なお不透明

印刷
A
A

官邸主導が強まる中、省庁のガバナンスと統計委員会など第三者機関の専門性が揺らいでいる。

国会で統計不正問題について答弁する総務省統計委員会の西村清彦委員長(毎日新聞社/アフロ)

国会で統計不正の問題が取り上げられる日が続いている。世論調査でも政府の対応について批判的な声が強い。とはいえ関係者は、知らなかった、答えられない、問題はないといった答弁に終始している。

はっきりした事実関係からいえば、2015年に中江元哉首相秘書官(当時)から厚生労働省に統計についての疑問が提示され、並行して経済財政諮問会議でも、実体経済と比べて賃金のデータが低すぎるのではないかという疑問が出された。これを受けて16年から総務省統計委員会が検討を行い、18年1月に統計の対象が変更された。このとき、東京都の500人以上の事業所に対する調査が全体調査であるはずにもかかわらず部分調査で済まされていた。当初問題にされたのは、この変更が統計委に報告されていないことであった。

いくら官邸主導のように見えるとはいえ、安倍晋三首相が国会で「統計委をはじめ専門家の検討を経て、統計的観点から行われた」と述べたように、まずは統計委の専門的見地からの変更である。その限りで変更は正当化されている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内