マウリツィオ・ポリーニ 50歳までは種まきでよい

印刷
A
A

イラスト:谷山彩子

若くしてマスコミに華々しく名前を取り上げられる人たちを見れば、自分はなんてイマイチなのか、と落ち込んでしまうことがあるかもしれません。

しかし気にすることはありません……というか、むしろ積極的に、あまり若いうちに脚光を浴びることは避けたほうがよいと私は思っています。

というのも、人生の、早すぎるタイミングで脚光を浴びてしまうと、その時期しかできないインプットが足りなくなり、その後のキャリアで、まるで泉が枯れるようにアウトプットできなくなってしまう可能性が高いからです。

この点について考えたときに、いつも思い出してしまう2人のピアニストがいます。

1人は米国のヴァン・クライバーン。そしてもう1人がイタリアのマウリツィオ・ポリーニです。この2人の対比は「あまりにも人生の早い時期に名声を得てしまうと、その後のキャリアを台無しにしかねない」という事実を鮮やかに見せてくれます。

1958年、東西冷戦の真っただ中にあったソ連が科学技術における東側の優位をスプートニク1号の打ち上げ成功で証明した後に、芸術面の優勢をも誇示しようと開設したのがチャイコフスキー国際コンクールです。その第1回で満場一致をもって優勝したのが、西側から参加したクライバーンでした。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内