有料会員限定

支持政党が違えば別世界 米国市民の間の党派対立

印刷
A
A

米国では支持政党が違う市民の間での対立が広がっている。支持する政党が自らと異なる友人を持たないなど、米国を分断する溝は深まる一方だ。

トランプ政権のサンダース大統領報道官。バージニア州のレストランで退出を求められる騒ぎに(ロイター/アフロ)

米国の党派対立が市民の暮らしの場に広がってきた。

トランプ政権のサンダース大統領報道官が6月22日、バージニア州のレストランで店主から退出を求められる騒ぎがあった。19日には、ニールセン国土安全保障長官が、レストランでの食事中に市民から抗議を受けており、政権関係者が公衆の面前で市民に批判される事例が、相次いで報告された。

首都ワシントンでは、トランプ政権関係者が肩身の狭い思いをしている。今までの政権交代であれば、新政権の樹立に伴ってワシントンにやってきた若いスタッフが威勢よく街を闊歩したが、トランプ政権のスタッフは、日常生活で自身の所属を隠しがちだという。政治ニュースサイトのポリティコによれば、彼らは反トランプ感情を持つ人からのトラブルに巻き込まれないよう、ワシントン中心部を避けて住居を構え、政権関係者で固まって住む傾向があるようだ。

何しろトランプ政権関係者だとわかれば、デート相手も見つからない。政権内のカップルを頼りに、ダブルデートに励む日々だという。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内