有料会員限定

日本に足りないのは世界で稼ぐ仕組み Interview|吉本興業社長 大崎 洋

印刷
A
A

6000人規模のお笑い芸人・タレントを抱えるエンタメ界の巨人、吉本興業。同社の大崎洋社長に、日本のエンタメビジネスの現状と将来について語ってもらった。

おおさき・ひろし●1953年生。78年関西大卒業、同年吉本興業入社。ダウンタウンのマネジャーなどを務め、2001年取締役東京本部制作営業統括部長。05年専務取締役、06年取締役副社長、09年より現職。(撮影:尾形文繁)

特集「五輪、W杯、劇場開業 18年もイベント多彩」の他の記事を読む

──吉本興業の創業家をモデルにしたNHK連続テレビ小説「わろてんか」が好評です。

メーカーの創業者や偉人ではなく、お笑いの会社を扱ってもらったことに時代の流れを感じる。先日、オリックスの宮内義彦シニア・チェアマンに、コンテンツなども含めたベンチャーファンドを立ち上げる話をしたら、「いいね。そういう時代だよ」と、言っていただいた。コンテンツやエンターテインメントが、ただの娯楽以上の役目を果たせる時代になった。

──沖縄でのエンタメ振興に熱心ですが、その狙いは。

当社が運営する沖縄国際映画祭は18年に10回目を迎える。

戦略があって映画祭を始めたわけではないので、どうしてそこまでやるのですか、と聞かれても、「何となくやってます」としか答えられないな(笑)。ただ沖縄の人や子どものために、努力していきたい。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内