長時間労働は改善するか 揺れ動く過労死ライン

印刷
A
A

NHKが職員の過労死を公表。政府は対策を急ぐが、道のりは険しい。

過労死対策シンポジウムでは亡くなったNHK記者・佐戸未和さんの母も登壇した(撮影:今井康一)

「どうしてこんなに長時間労働が職場で放置されていたのか」

2013年7月に過労死でNHK記者だった長女(当時31)を亡くした佐戸恵美子さんは、11月8日に東京都内で開かれたシンポジウムで語気を強めて過労死対策の必要性を訴えた。

佐戸未和さんは当時東京・渋谷の首都圏放送センターに勤務。主に都政の取材を担当していた。亡くなる1カ月前には都議会議員選挙、直前には参議院議員選挙の報道にかかわった。参院選の投開票から3日後、うっ血性心不全で死亡した。未和さんの一周忌には同僚の有志が追悼集を制作するなど、誰からも慕われる人柄だった。

未和さん(左)の一周忌には追悼集が制作された(左写真は遺族提供)

制度を見直したNHK

渋谷労働基準監督署が認定した、亡くなる直前である13年6月下旬〜7月下旬の1カ月間の時間外労働(残業)は159時間37分。5月下旬からの1カ月間も146時間57分と長時間労働が続いていた。

労基署は選挙の取材などで「相当の疲労の蓄積、恒常的な睡眠不足の状態であったことが推測される」とし、14年5月に未和さんの死を過労死と認めた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内