有料会員限定

一人暮らし増加が変える街の風景 単身化社会で地域が動く1 東京都多摩ニュータウン

印刷
A
A

首都圏では2025年に高齢単独世帯が200万世帯まで増加する。その震源地の1つが郊外のニュータウンだ。一方、都心ではワンルーム増殖でスラム化が懸念される。激変の渦中からの最新リポート。

永山・諏訪地区では、一部団地の建て替え計画が浮上している

特集「ひとりで生きる。」の他の記事を読む

高齢単身者を支えるコンビニ「御用聞き」

そこはかつて「夢の街」と言われた――。高度成長期、全国に次々と建設されたニュータウン。不燃のコンクリート住宅、ステンレスのキッチン、そして緑の多い街並み。当時のサラリーマンにとって、ニュータウンは夢の場所だった。

それからおよそ40年。ニュータウンをめぐる状況は一変した。入居当時働き盛りだった住民が高齢化。子供たちも次々と街を離れ、老夫婦や高齢者のひとり暮らしが増えている。

東京の多摩ニュータウン。1971年、最初に入居が始まった多摩市の永山・諏訪地区には、40平方メートルから50平方メートルという狭小な集合住宅が並ぶ。5階建ての団地にはエレベーターがなく、高齢者にとって住みづらい環境だ。

建物の老朽化が進み、一部の団地では建て替え計画が浮上している。だが、多摩市への建て替えに関する補助金申請は、まだ1件だけ。建て替えには住民の8割以上の賛成が必要な場合があり、住民の総意をまとめる難しさを裏付けている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内