有料会員限定

もう誰も信用することができない短期金融市場 意図せざる金利上昇の恐怖、株価意識した展開

印刷
A
A

銀行の信用はもはや株価が基準。長期金利も株価を意識した神経質な展開に 

「実は11月17日の月曜日に、本社から山一に対する信用枠を、フリーズ(凍結)しなさいという指令が出たんです。それで、バンク(山一信託銀行)も含めて取引を停止した」。ある欧州系銀行の東京支店の幹部が、電話の向こうでこう打ち明けた。

株価が信用判定のメルクマール

11月に入って、三洋証券、北海道拓殖銀行、そして山一証券と、巨大金融機関の経営破綻が続いている。金融機関同士の資金繰りを融通し合う「短期金融市場(マネーマーケット)」は、高い金利を払えば資金が取れるというような、悠長な段階を通り過ぎた。資金の出し手の関心は、相手方の信用(倒産)リスクに向いている。

三洋証券の場合は、会社更生法が適用された。その結果、三洋がマネーマーケットの代表であるコール市場から借り入れた資金は、投資家の資産と異なり保護されなかった。

「マネーマーケットは、みんながみんなを信用し合っているというのが前提。三洋のように返ってこないおカネがあるよ、ということになると成立しない」(都銀上位行首脳)。拓銀、山一の場合は破綻規模の巨大さゆえか、原則として全債権者が保護される。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内