有料会員限定

EUは難民対策に年最低300ユーロを充てよ ジョージ・ソロスが示す難民問題7つの処方箋

✎ 1〜 ✎ 162 ✎ 163 ✎ 164 ✎ 最新
拡大
縮小

難民危機と英国のEU(欧州連合)離脱という惨事は、外国人排撃を唱える国家主義者を勢いづかせた。来年のフランスやオランダ、ドイツでの総選挙で、国家主義者たちは勝利を目指すだろう。

EU加盟各国はこうした脅威に対し、結束するのではなく、むしろ協力関係を徐々に解消している。そして国家主義者たちは国境にフェンスを建設するような、利己的で隣国に負担を押し付ける移民政策を進めている。その結果、EU分断は進み、加盟各国は打撃を受け、グローバルな人権基準は破壊されるだろう。 

難民危機に対する現在の対応には四つの欠点がある。第一は、地中海東部からの難民流入に歯止めをかけるべく今年になってEUとトルコとの間で合意がなされたが、それが欧州の総意に基づかず、ドイツのメルケル首相が主導したものだったこと。第二は、深刻な資金難に見舞われていること。第三は、ギリシャを不適切な施設を抱える事実上の留置場にしてしまったことだ。 

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内