有料会員限定

LINEが格安スマホで楽天と正面衝突へ 競合を2年研究し、使い放題のプランを投入

印刷
A
A

月額500円! 競合を研究し尽くし、使い放題のプランを投入した。

楽天モバイルは実店舗でも販売(左)。参入を発表するLINEモバイルの嘉戸社長(右)(撮影:風間仁一郎、大澤 誠)

メッセージアプリ国内首位のLINEが、大手通信会社のインフラを借りて格安スマホを展開する、MVNO事業「LINEモバイル」の全容を9月5日に発表した。ほかの多くの事業者と同様、NTTドコモの回線を借り、10月1日から本格的にサービスを開始する。

3月にLINEはMVNO事業へ参入する意思を表明。「今夏に詳細を発表する」としていた。国内6000万人超のユーザー数を誇るLINEが本格参入すれば、ドコモ、KDDI、ソフトバンクの通信大手3社の牙城を崩すのではないか。そんな思惑から注目が集まっていた。

LINEのMVNO子会社であるLINEモバイルが発表したプランは大きく分けて二つ。スマホ初心者向けの「LINEフリー」と、SNSヘビーユーザー向けの「コミュニケーションフリー」である。

データ通信量にかかわらず、前者はLINEのメッセージアプリと通話が、後者はさらにSNSのフェイスブックやツイッターがそれぞれ使い放題となる。つまり、月間のデータ通信量が契約の上限を超えても、LINEやフェイスブック、ツイッターの通信速度は落ちない仕組みだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内