有料会員限定

消える投稿が大人気、スナップチャットの猛威 親が使っていないから若者を引き付け急成長

印刷
A
A

投稿が“消える”機能で女子に大人気。大手SNSからの買収提案は蹴った。

写真や動画を送り合うのはほかのSNSと同じだが、一定時間後に消えてしまうのが特徴

お化けのアイコンが目印のSNS、米「Snapchat(スナップチャット)」が快進撃中だ。

毎日使用するユーザーは1.5億人とあの米ツイッターを上回る。1秒当たり9000枚の写真が共有され、ビデオの再生回数は毎日100億回。現在最も活発なソーシャルメディアの一つである。

これまでのSNSとの大きな違いは、若者から圧倒的な支持を集めていることだ。ユーザーの7割が34歳以下で、女性が7割を占めている。米国ではSNSユーザーの18%が使用し、1日当たりの平均使用時間は30分。アプリストアのランキングでもトップクラスの人気だった。

今や、官公庁から『フォーブス』のような経済誌までが、若者が大多数を占めるスナップチャットのユーザーを取り込もうと、積極的に投稿を行っているほど。日本でもサービスは利用でき、若者を中心に、「スナチャ」の愛称で親しまれている。

その特徴を一言で言えば“刹那”だろう。

スナップチャット上でつながった友人同士は、写真や動画を送り合うことができる。が、一度見た写真や動画は、自動的に削除されてしまうのだ。また、その日撮影した写真やビデオをまとめて友人と共有できる、「ストーリー機能」もある。こちらも見られるのは24時間だけ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内