有料会員限定

京都鉄道博物館 完成までの舞台裏 「地域と歩む鉄道文化拠点」目指す

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5
拡大
縮小

特集「デザイン」の他の記事を読む

JR西日本肝いりの京都鉄道博物館が4月29日にオープンする。JR系の鉄道系博物館では、2007年に開館したJR東日本系の鉄道博物館(埼玉県さいたま市)、11年に開館したJR東海系のリニア・鉄道館(愛知県名古屋市)が人気を博しているが、京都鉄道博物館のすごさは梅小路蒸気機関車館と、大阪市・弁天町で14年まで開館していた交通科学博物館という2大博物館をベースに新設されたことだ。

京都鉄道博物館の構想は08年ごろからスタート。さまざまな検討が重ねられ、13年に隣接する梅小路蒸気機関車館と一体化して「京都鉄道博物館」という名称で開業することが発表された。

あまりの人気にトワイライトも展示

JR東日本の鉄道博物館のコンセプトは「鉄道の変遷を産業史として物語る」、リニア・鉄道館は「在来線から新幹線、超電導リニアまで高速鉄道技術の進歩を紹介する」というものだ。これに対し、京都鉄道博物館は「地域と歩む鉄道文化拠点」を目指す。京都を頭に持ってくることで地域性を打ち出すが、収蔵している車両は、JR西日本管内にとどまらず全国で活躍したものも多い。旅客車両だけでなく貨物車両の展示もある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内