有料会員限定

上田準二 ファミリーマート会長
経営統合は祭りだ!

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小

(2016年9月ユニー・ファミリーマートホールディングス社長に就任予定)

 新生ファミリーマートはセブン–イレブンにどう対抗するのか。苦戦する総合スーパー(GMS)の先行きはどうなる。2016年9月に発足する統合会社ユニー・ファミリーマートホールディングスの社長に就任する上田準二・ファミリーマート会長に聞いた。

うえだ・じゅんじ●1946年生まれ。70年伊藤忠商事入社。99年食糧部門長補佐、CVS事業部長。2000年ファミリーマート顧問、02年社長、13年から現職。16年9月にユニー・ファミリーマートホールディングス社長に就任予定。(撮影:梅谷秀司)

特集「セブンの背中狙う上田バズーカ!」の他の記事を読む

セブンに挑戦する切符を手に入れた

──当初15年8月に予定された経営統合の基本合意は、1カ月半遅れました。

まずは両社で統合に関する検討委員会を立ち上げて、コンビニとGMSでそれぞれ分科会を作った。コンビニについてはブランド名をどうするのか、店舗網が拡大している中、バッティングしている地域はどうするのかについて議論を重ねた。

もう一方で、GMSの再建についても協議をしていた。いろいろなステークホルダーから「リスクが大きすぎる」という声もあれば、「ファミマにGMSがわかるのか」との問題も付きまとった。

各分科会で細部にわたって討議を進めていたけど、物理的問題、産業上の問題など、議論がかみ合わない。両社が席を立つ場面も一度や二度はあったよ。しかしそういうときには、今回の統合の意義って何なのと、何のために統合するのかをあらためて確認するようにした。僕もコンビニ統合では8年も9年も前から動いてきて、いよいよ盛り上がっているときに「各論」はないんだ。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内