法政大学大学院政策創造研究科教授 坂本光司氏に聞く 『日本でいちばん大切にしたい会社5』を書いた

印刷
A
A

2008年の1作目以降、累計67万部を突破した大ヒットシリーズの第5弾。今回掲載の6社を含む計32社の「人をトコトン大切にする会社」に光を当て、株主大事の企業の優先順位は根底から間違っている、と警鐘を鳴らしてきた。

日本でいちばん大切にしたい会社5
日本でいちばん大切にしたい会社5(あさ出版/225ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

満足度の高い会社に業績の低い会社はない

──「5人に対する使命と責任」が一貫したキーワードですね。

企業には自社の社員とその家族、外注先・下請け企業の社員とその家族、次に顧客、地域社会、株主の順で幸せを追求する使命があります。満足度の高い自社・外注先の社員が生き生きと働いてこそ、顧客に感謝される製品やサービスを提供でき、収益を上げられる。5番目の株主の幸せはその結果ついてくる。経営の目的は業績を上げることじゃない。

業績から考え出すと、人間は材料と同じコスト扱いで、安いほうがいいとなる。社員を減らしつつ仕事は増やし、さらに非正規に切り替え、価格競争の泥沼にはまる。それでは人を苦しめるだけですよ。じゃなきゃうつになる人間が100万人も出ない。業績主義は人を苦しめる。なのに経営の目的は依然として業績に置かれている。残念ながら今の大学がそう教えてる。そこで学んだ連中が社長になっていくから世の中永遠に変わらない。人を幸せにすることが経営学の王道のはずですよ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内