有料会員限定

テリー・ゴウかく語りき 再録 独占インタビュー

印刷
A
A

取材をほとんど受けない鴻海トップが、本誌だけに2度にわたって激白。その骨子を再録する。

Terry Gou●1950年台湾・板橋生まれ。71年貿易会社に就職。74年、母親から借りた10万台湾ドルを元手に創業(撮影:Leon Suen)

特集「郭台銘(テリー・ゴウ)のカネ、人、野望」の他の記事を読む

本誌は鴻海精密工業のテリー・ゴウ(郭台銘(かくたいめい))董事長に2014年6月と15年3月の2回、独占インタビューを行った。いずれも長時間に及んだインタビューを再構成し、シャープ再建の論点と、ゴウ氏の経営思想を浮き彫りにする。

■シャープの何が問題か

シャープが再び経営危機に陥ったことに、まったく驚きを感じない。ちょうど2年前(注・13年3月)に前社長の奥田隆司さんと香港で会談したが、その時点で今回の事態は予想できた。当時、奥田さんが鴻海の出資を受け入れると決断し、経営改革を断行していれば、今回の難局はなかったはずだ。

私の直感では、シャープに残された時間はあと1年もないだろう。銀行が金融支援を行ったとしても、経営体質とリーダーが変わらないのであれば再建できるはずがない。

シャープは100年以上の歴史を持つ老舗企業であり、高い技術力を持つことは確かだ。だが近年の経営陣は、利益を創出して従業員に還元する責任を全うしてこなかった。にもかかわらず彼らは勤め上げ、役員報酬や退職金をしっかり受け取っている。危機はこのようなサラリーマン気質に端を発しているのだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内