有料会員限定

7兆円超える「爆買い」で 中英の蜜月関係を演出 中国とはアヘン戦争以来の因縁抱える英国

印刷
A
A

中国とはアヘン戦争以来の因縁を抱える英国だが、習近平主席を国を挙げて歓待。中国との関係強化の見返りとして英国は巨額の投資を引き出した。

10月20日、ロンドン・バッキンガム宮殿でエリザベス女王(右)主催の晩餐会であいさつする習主席(ロイター/アフロ)

習近平国家主席は、9月下旬の訪米に続き英国を訪れ、10月19日から23日まで滞在した。中国では「訪米は調達、訪英は投資が目的」と説明されている。習主席の滞在中に、英国側と交わした契約は総額400億ポンド(約7.4兆円)に及んだ。2014年6月には李克強首相も訪英し、300億ドル(約3.6兆円)の買い物をしている。

10月21日、首脳会談後の記者会見で習主席は、「両国の黄金時代を開く」と宣言した。その主眼は経済交流の強化にある。

訪英には企業家の代表団150人が随行した。9月の訪米に随行した企業家はアリババ創業者の馬雲氏などIT企業家が中心だったのとは異なり、今回訪英した企業家の代表団は金融やインフラ、エネルギー、自動車、航空、保険、文化、投資など多方面にわたった。

投資の目玉案件は原発プロジェクト 

今回の訪英での投資の目玉は、中国が建設にかかわる英国西南部のヒンクリーポイント原子力発電所プロジェクトだ。総投資額180億ポンド(約3.3兆円)で、中国企業が33.5%を投資する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内