有料会員限定

“元本保証"の新型株 トヨタが編み出した

印刷
A
A

株主総会に諮る前例のない種類株。物議を醸す中で承認されるか。

5月の決算説明会で「持続的成長に向けて挑戦を続ける」と語った豊田章男社長。(撮影:尾形文繁)

第7号議案──。トヨタ自動車が6月16日に開催する株主総会で、最も神経をとがらせる議案だ。

「AA型」と名付けた種類株を発行する議案で、定款変更を伴うため、株主の3分の2の賛成が必要になる。招集通知では合計七つの議案に関する26ページの記載のうち13ページが第7号議案に費やされた。それだけでなく、「補足説明」という、A4サイズの資料までつける念の入れようだ。

トヨタの株主総会の招集通知。種類株の説明に多くのページを割いた

種類株とは、普通株と異なる権利を与えられた株式のこと。優先的に配当を得られる優先株や、特別な議決権を持つ黄金株もあるが、トヨタが発行するAA型は、これまでにないさまざまな特徴を持っている(図表1)。

[図表1]
拡大する

5年間は売却できないものの、その後は発行価格での買い戻しをトヨタに請求できる権利があり、事実上の“元本保証”だ。普通株への転換も可能という、転換社債に似た側面も持つ。ただ、社債とは違い、普通株と同等の議決権を付与されているのが、その特徴といえる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内