有料会員限定

スコットランドの独立は沖縄の動きと合わせ鏡 信頼できる記者をメディアでどう探すか(5)

印刷
A
A
2014年9月18日に実施された、英国からのスコットランド独立を問う住民投票。独立反対派が勝利したが、今年5月の英国総選挙では、独立を目指すスコットランド民族党が躍進した。(EPA=時事)

信用できる著者(あるいはメディア)を選ぶ際、筆者の経験に照らして指摘できる留意事項は以下の4点になる。(1)自分がよくわからない事項について分析するときには、信用できそうだと思う著者(あるいはメディア)の書いた物を読んで、それに乗っかること。(2)日本語文献で読める範囲で信用できる著者(メディア)は、それぞれの分野で10人もいない。(3)当初、信頼できると思った著者(メディア)が深刻な誤りを繰り返した場合は、乗っかる先を変える。(4)著者(メディア)が信用できるか否かを判断するには一定の時間が必要だ。

昨年9月18日にスコットランドで行われた英国からの独立の是非を問う住民投票では、反対が200万1926票(55.25%)、賛成が161万7989票(44.65%)で、独立反対派が過半数を占めた。日本のほとんどのメディアが、スコットランドの独立運動はこれで沈静化すると報じた。さらにスコットランドの分離、独立運動はナショナリズムの要素が少ない地域主義であると評価し、英国の中央政府が地域政策を変更すれば深刻な問題を引き起こすことはないという見方を示した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内