有料会員限定

弁証法的な思考に長け 対話で真理を見いだす 信頼できる評論家が池上彰氏である理由

印刷
A
A
筆者が最も信頼する評論家である池上彰氏。高度の批判力で、説得力のある評論を続ける(撮影:今井康一)

読者から「佐藤さんが、評論家でいちばん信頼しているのは誰ですか」という質問を受けることがよくある。筆者は、躊躇なく「池上彰さんです」と答える。池上氏は、評論家であるという自己規定をしていない。肩書はつねにジャーナリストだ。しかし、第三者的(すなわち客観的)に見た場合、池上氏は日本で最有力の評論家の一人である。

評論家にとって重要なことは、批判的に物事を観察することだ。ちなみに、明治期にドイツ語のKritik(クリティーク)の訳語に批判という言葉が充てられたが、この訳語にはミスリーディングなところがある。「あの人はあなたに批判的だ」と言うと、そこには否定的なニュアンスがある。しかし、ドイツ語のKritik、英語のcriticism、ロシア語のкритикаなどは、否定的ニュアンスを含まない場合もある。相手の主張を対象として認識し、それに対して何らかの評価を加えることがこれらの言葉の意味だ。相手の見解に全面的に賛成する場合もKritikに該当する。それだからKritikには「批判」以外にも、「批評」「評論」という訳語が充てられるのである。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内