有料会員限定

LINE大爆発! 日本発のソーシャルメディア

印刷
A
A

スマホの無料通話・メールアプリ「LINE」の勢いが止まらない。日本発のサービスが、世界を席巻する日は来るのか?!

ツイッターやフェイスブックを上回る猛スピードでユーザーを獲得している日本発のサービスがある。それが、主にスマートフォンで使われる無料通話・メールアプリのLINE(ライン)だ。いま通信・IT業界で注目の的となっている。

使い方は簡単だ。スマホにインストールし、友だち登録したユーザー同士であれば、国内外を問わず無料で通話やメールをすることができる。2011年6月にサービスを開始し、1年半後の12年12月には世界でユーザー8500万人(うち国内約3700万人)を獲得。1月中には1億人突破が確実な勢いだ。

同じようなサービスがある中でLINEが人気を集めた理由は主に三つ。まずは携帯電話会社に関係なく無料というわかりやすさだ。次に、これまでのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)と違い、友だち申請の煩わしさがなく、友だちとすぐにやり取りできること。そして、絵文字よりも大きくてインパクトのある、スタンプという機能を備えたことである。文字(テキスト)と一緒に使うのはもちろんだが、スタンプだけでやり取りするという、新しいコミュニケーションも生み出した。最初にLINEに飛びついたのは若者だが、今や幅広い年齢層に広がっている。海外でも、東南アジアなどで瞬く間に浸透した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内