グーグルが従業員のオフィス復帰を再度先送り

オミクロン変異株の伝染状況を見極めるため

米アルファベット傘下グーグルは新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン」の感染症例が確認されたことを受けて、従業員の米オフィス復帰予定日時を再度先送りした。同社幹部が2日、従業員に通知した。

グーグル、オフィス復帰を2022年に先送り-新型コロナ感染拡大で

グーグルは従来、来年1月10日をオフィス復帰の日時に設定し、週3日の出社を大部分の従業員に求めていた。同社のセキュリティー担当バイスプレジデント、クリス・ラコー氏は2日、米国のスタッフに宛てた電子メールで、オフィスへの完全復帰を「見極めるため、新年まで待つこととする」と説明した。ブルームバーグ・ニュースは同メールを確認した。この通知についてはCNBCが先に報じていた。

同社はオフィス勤務とリモート勤務を組み合わせた「ハイブリッド」システムを一定の従業員に認めてきたが、大半の従業員にオフィス復帰を奨励している。

同社は2日に欧州、中東、アフリカの従業員に対しても1月10日の復帰予定日時を先送りすることを伝えた。

原題:Google Delays January Office Return After Omicron Spread(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Mark Bergen

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT