米国内のコロナ入院がこの1カ月で72%も減少

まだワクチン効果によるとは言い切れないが‥

米国内で新型コロナウイルス感染症(COVID19)による入院がこの1カ月で72%減少した。

入院の減少は85歳以上で最も顕著

米疾病対策センター(CDC)によると、2月の減少は85歳以上で最も顕著で、1月との比較で81%減った。CDCはCOVID19関連の入院動向を監視する「COVIDーNET」を通じてデータをモニターしている。

直近の2月7-13日の週のデータによると、入院の率は85歳以上の住民10万人当たり23.4人となった。4週間前は10万人当たり120.3人だった。全年齢層では4.6人と、16.7人から減少した。

全体的にワクチンの効果が表われているようにも見えるが、まだ主要なけん引力とはなっていないもようだ。予防接種を受けた年齢層だけではなく、全ての層で57%以上の減少が見られたためだ。

CDCのデータによると、米国では65歳以上の約42%が少なくとも1回のコロナワクチン接種を受けた。ブルームバーグ・ワクチン・トラッカーの集計データによれば、これまでに米国の人口の13.6%が1回以上の接種を受けている。

原題:Covid Hospital Admissions Drop 72%, Led by Oldest U.S. Patients(抜粋)

著者:Jonathan Levin

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT