今夏ゼロ、18きっぷで乗れる夜行列車の衰退史

この夏は「快速ムーンライトながら」も運休

この夏、青春18きっぷで乗れる夜行列車がついに全廃になる。(写真はイメージです。写真:ruruphoto/PIXTA)

青春18きっぷがJRのみどりの窓口や指定席券売機などで発売中だ。

JRの在来線の普通・快速列車が1日乗り放題のチケットが5回分入ったこのきっぷの価格は1万2050円。1日あたり2410円。東京から大阪までは普通列車や快速列車を乗り継げば9時間ほどで行くことができ、2410円で移動が可能だ。

そんな格安なきっぷだが、東北、北陸、九州の各新幹線と並行する区間がJR線から第3セクター線に転換されて乗車が不可能になった。青函トンネル区間も在来線による運行がなくなり「北海道新幹線オプション券」を購入しなければならないなど、年々遠くまで旅するために活用したいユーザーにとっては使い勝手が悪くなっている。

青春18きっぷの使い勝手がさらに悪くなった

そしてこの夏、青春18きっぷの使い勝手がさらに悪くなることが起こった。

夜行の快速・普通列車の運行休止である。

新型コロナウイルスの影響で、利用者が少なくなると判断したのだろう。これまで、青春18きっぷが使えるシーズンに東京―名古屋―大垣間で運転されていた「快速ムーンライトながら」の運行を休止したのだ。三重県熊野市の熊野大花火大会、そして長野県諏訪市の諏訪湖花火大会が中止されたことで、大会後に運行されていた臨時列車も運行を取りやめ。青春18きっぷを使って乗ることができる夜行列車が0となった。

夜行列車を活用すると効率よく遠くへ行ける。これまでは「快速ムーンライトながら」を利用すれば東京から九州の博多や熊本まで3980円で移動することができた(指定券代込み。東京から代々木上原まで東京メトロ、代々木上原から小田原まで小田急利用)。ところが、この夏は山口県の厚狭までしかいけなくなった(ただ、指定券の購入などがいらないので2410円で行ける)。

この夏の時刻表からは夜行の快速・普通列車の姿は消えたが、古い時刻表を見ると、夜行の快速・普通列車が走っている。そこで青春18きっぷが発売された1982年以降の「青春18きっぷで乗ることができた夜行列車」の本数を調査。いつごろから本数が減って夜行快速・普通列車が0本になったのか、その推移を調べてみた。

次ページ1982年には21本あった
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT