ココカラがサークルKサンクスと提携。両業態の融合を目指す


 こうした中、ドラッグ各社は強みを持つ医薬品などのカウンセリング販売など専門性強化による差別化を急いでいる。一方で、コンビニなど業態の垣根を越えた連携も加速。08年8月に調剤薬局のアインファーマシーズとセブン&アイ・ホールディングス、09年8月にはマツモトキヨシホールディングスとローソンが提携した。

今回のココカラとサークルKサンクスという中堅組の提携は、ドラッグとコンビニ融合の流れが業界の「標準」となってきた現れともいえる。

ただ両業態ともすでに店舗過剰感があるだけに、業態の境界線が薄くなるほど店舗間競争が厳しくなる可能性もある。リスクと隣り合わせの提携の成果が注目される。

[写真]提携会見に臨んだココカラの塚本社長(右)とサークルKS中村元彦社長(左)

■ココカラファイン ホールディングスの業績予想、会社概要はこちら

■サークルKサンクスの業績予想、会社概要はこちら

(島田知穂 撮影:吉野純治 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT