ココカラがサークルKサンクスと提携。両業態の融合を目指す

拡大
縮小


 こうした中、ドラッグ各社は強みを持つ医薬品などのカウンセリング販売など専門性強化による差別化を急いでいる。一方で、コンビニなど業態の垣根を越えた連携も加速。08年8月に調剤薬局のアインファーマシーズとセブン&アイ・ホールディングス、09年8月にはマツモトキヨシホールディングスとローソンが提携した。

今回のココカラとサークルKサンクスという中堅組の提携は、ドラッグとコンビニ融合の流れが業界の「標準」となってきた現れともいえる。

ただ両業態ともすでに店舗過剰感があるだけに、業態の境界線が薄くなるほど店舗間競争が厳しくなる可能性もある。リスクと隣り合わせの提携の成果が注目される。

[写真]提携会見に臨んだココカラの塚本社長(右)とサークルKS中村元彦社長(左)

■ココカラファイン ホールディングスの業績予想、会社概要はこちら

■サークルKサンクスの業績予想、会社概要はこちら

(島田知穂 撮影:吉野純治 =週刊東洋経済)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT