ユーロ、対ドルで2年半ぶり高値圏

資金流入の増加観測で

3月13日、外国為替市場で、ユーロが対ドルで上昇し、一時2年半ぶり高値となる1ユーロ=1.3956ドルを付けた。ワルシャワで2011年1月撮影(2014年 ロイター/Kacper Pempel)

[ロンドン 13日 ロイター] -13日の外国為替市場で、ユーロが対ドルで上昇し、一時2年半ぶり高値となる1ユーロ=1.3956ドルを付けた。ユーロ圏で資金流入が増加するとの見通しや、金融政策の緩和が見込まれていないことなどが背景。

ディーラーらによると、ユーロの上値抵抗線は1.3950―1.4000ドル近辺とみられている。心理的に節目となる1.4000ドルちょうどを突破すれば、大幅上昇もあり得るという。

米モルガン・スタンレー(ロンドン)のストラテジスト、イアン・スタナード氏は「欧州中央銀行(ECB)の政策メッセージや経済指標がユーロを支えており、一段高もあると考えている」と述べた。

ユーロ圏への資金流入も、ユーロ買い材料の1つだ。周縁国などが発行した国債に対し、投資家の関心が回復していることが背景となっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT