ユーロ、対ドルで2年半ぶり高値圏

資金流入の増加観測で

3月13日、外国為替市場で、ユーロが対ドルで上昇し、一時2年半ぶり高値となる1ユーロ=1.3956ドルを付けた。ワルシャワで2011年1月撮影(2014年 ロイター/Kacper Pempel)

[ロンドン 13日 ロイター] -13日の外国為替市場で、ユーロが対ドルで上昇し、一時2年半ぶり高値となる1ユーロ=1.3956ドルを付けた。ユーロ圏で資金流入が増加するとの見通しや、金融政策の緩和が見込まれていないことなどが背景。

ディーラーらによると、ユーロの上値抵抗線は1.3950―1.4000ドル近辺とみられている。心理的に節目となる1.4000ドルちょうどを突破すれば、大幅上昇もあり得るという。

米モルガン・スタンレー(ロンドン)のストラテジスト、イアン・スタナード氏は「欧州中央銀行(ECB)の政策メッセージや経済指標がユーロを支えており、一段高もあると考えている」と述べた。

ユーロ圏への資金流入も、ユーロ買い材料の1つだ。周縁国などが発行した国債に対し、投資家の関心が回復していることが背景となっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。