三越伊勢丹HD、相模原・府中など3店舗閉鎖へ

伊勢丹相模原店・府中店と新潟三越

 9月26日、三越伊勢丹ホールディングス は、伊勢丹相模原店、伊勢丹府中店、新潟三越の3店舗を閉店すると発表した。写真は都内の伊勢丹店舗の看板。1月に撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 26日 ロイター] - 三越伊勢丹ホールディングス <3099.T>は26日、伊勢丹相模原店、伊勢丹府中店、新潟三越の3店舗を閉店すると発表した。伊勢丹相模原店と府中店は2019年9月30日、新潟三越は2020年3月22日に営業を終了する。

同社は、18年度までを構造改革実行期間と位置付けており、不採算店舗の閉店などを進め、19年度以降の再成長につなげたい考え。

伊勢丹相模原店は、1990年に開店。ピーク時の96年度には売上高が377億円まで拡大したが、競争環境激化などにより、赤字が恒常化。2003年度以降、合計約104億円の減損損失を計上していた。

伊勢丹府中店は1996年に開店。開店初年度が売上高のピークで、2003年度以降、合計約34億円の減損損失を計上していた。この施設については、新たな商業施設化に向けた協議を関係者と進めていくという。

新潟三越は、1936年に小林百貨店として開業、80年に新潟三越百貨店へ社名変更した。今後は、新潟伊勢丹への営業力の統合・集約により活性化を図るとしている。

(清水律子)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT