三越伊勢丹HD、相模原・府中など3店舗閉鎖へ

伊勢丹相模原店・府中店と新潟三越

 9月26日、三越伊勢丹ホールディングス は、伊勢丹相模原店、伊勢丹府中店、新潟三越の3店舗を閉店すると発表した。写真は都内の伊勢丹店舗の看板。1月に撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 26日 ロイター] - 三越伊勢丹ホールディングス <3099.T>は26日、伊勢丹相模原店、伊勢丹府中店、新潟三越の3店舗を閉店すると発表した。伊勢丹相模原店と府中店は2019年9月30日、新潟三越は2020年3月22日に営業を終了する。

同社は、18年度までを構造改革実行期間と位置付けており、不採算店舗の閉店などを進め、19年度以降の再成長につなげたい考え。

伊勢丹相模原店は、1990年に開店。ピーク時の96年度には売上高が377億円まで拡大したが、競争環境激化などにより、赤字が恒常化。2003年度以降、合計約104億円の減損損失を計上していた。

伊勢丹府中店は1996年に開店。開店初年度が売上高のピークで、2003年度以降、合計約34億円の減損損失を計上していた。この施設については、新たな商業施設化に向けた協議を関係者と進めていくという。

新潟三越は、1936年に小林百貨店として開業、80年に新潟三越百貨店へ社名変更した。今後は、新潟伊勢丹への営業力の統合・集約により活性化を図るとしている。

(清水律子)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。