小林多喜二名作集 「近代日本の貧困」 小林多喜二著

小林多喜二名作集 「近代日本の貧困」 小林多喜二著

理不尽な抑圧に反抗する労働者の姿を描いた『蟹工船』で再評価されているプロレタリア作家の小林多喜二(1903~33)による短編小説、社会評論を10編集めたもの。

小説『オルグ』(『工場細胞』第2部)では工場に共産党組織をつくろうとして挫折する青年の姿を、『残されるもの』では人々の偏見に苦しむ女給のいらだちを、多喜二が東京・赤坂で特高警察に逮捕される直前に書いた『地区の人々』では労働者街と私娼窟を、『失業貨車』では一日1回の粥目当てで貨車に住み込む人々の姿を描く。

内容はイデオロギー色が強く、いずれも多喜二本人の社会矛盾への怒りにあふれ、それが小説と評論にリアルな世界を浮かび上がらせる。

祥伝社新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT