ビットコイン下落、取引規制巡る懸念強まる

イーサリアムやリップルなども値下がり

 1月17日、仮想通貨ビットコインが一時7%下落し、過去24時間での下げ幅が一段と拡大した。投資家の間で韓国や中国の規制を巡る懸念が強まったことが背景。写真は昨年12がつ撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

[東京/シンガポール 17日 ロイター] - 17日の取引で仮想通貨ビットコインが一時7%下落し、過去24時間での下げ幅が一段と拡大した。投資家の間で韓国や中国の規制を巡る懸念が強まったことが背景。

ビットスタンプ取引所のビットコイン<BTC=BTSP>は約1万0567ドルまで下落。前日付けた1万0162ドルの安値に接近した。

きょうこれまでの高値は1万1794.07ドル。

直近は0.6%安。

ビットコインが仮想通貨の下げを主導しているが、イーサリアムやリップル<.MVXRP>なども今週は大きく値下がりしている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。