ビットコイン下落、取引規制巡る懸念強まる

イーサリアムやリップルなども値下がり

 1月17日、仮想通貨ビットコインが一時7%下落し、過去24時間での下げ幅が一段と拡大した。投資家の間で韓国や中国の規制を巡る懸念が強まったことが背景。写真は昨年12がつ撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

[東京/シンガポール 17日 ロイター] - 17日の取引で仮想通貨ビットコインが一時7%下落し、過去24時間での下げ幅が一段と拡大した。投資家の間で韓国や中国の規制を巡る懸念が強まったことが背景。

ビットスタンプ取引所のビットコイン<BTC=BTSP>は約1万0567ドルまで下落。前日付けた1万0162ドルの安値に接近した。

きょうこれまでの高値は1万1794.07ドル。

直近は0.6%安。

ビットコインが仮想通貨の下げを主導しているが、イーサリアムやリップル<.MVXRP>なども今週は大きく値下がりしている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。