ビットコイン下落、取引規制巡る懸念強まる

イーサリアムやリップルなども値下がり

 1月17日、仮想通貨ビットコインが一時7%下落し、過去24時間での下げ幅が一段と拡大した。投資家の間で韓国や中国の規制を巡る懸念が強まったことが背景。写真は昨年12がつ撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

[東京/シンガポール 17日 ロイター] - 17日の取引で仮想通貨ビットコインが一時7%下落し、過去24時間での下げ幅が一段と拡大した。投資家の間で韓国や中国の規制を巡る懸念が強まったことが背景。

ビットスタンプ取引所のビットコイン<BTC=BTSP>は約1万0567ドルまで下落。前日付けた1万0162ドルの安値に接近した。

きょうこれまでの高値は1万1794.07ドル。

直近は0.6%安。

ビットコインが仮想通貨の下げを主導しているが、イーサリアムやリップル<.MVXRP>なども今週は大きく値下がりしている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。