ビットコイン下落、取引規制巡る懸念強まる

イーサリアムやリップルなども値下がり

 1月17日、仮想通貨ビットコインが一時7%下落し、過去24時間での下げ幅が一段と拡大した。投資家の間で韓国や中国の規制を巡る懸念が強まったことが背景。写真は昨年12がつ撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

[東京/シンガポール 17日 ロイター] - 17日の取引で仮想通貨ビットコインが一時7%下落し、過去24時間での下げ幅が一段と拡大した。投資家の間で韓国や中国の規制を巡る懸念が強まったことが背景。

ビットスタンプ取引所のビットコイン<BTC=BTSP>は約1万0567ドルまで下落。前日付けた1万0162ドルの安値に接近した。

きょうこれまでの高値は1万1794.07ドル。

直近は0.6%安。

ビットコインが仮想通貨の下げを主導しているが、イーサリアムやリップル<.MVXRP>なども今週は大きく値下がりしている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT