一流のトレーダーと漫画家に共通すること

特別対談 松本大×三田紀房(その2)

漫画家は半分くらいが「運」

松本:三田さんは「インベスターZ」だけでなく、「ドラゴン桜」や「クロカン」「エンジェルバンク」といったヒット作を描かれていますが、やはり下積み時代の苦労もあったのですか。

三田:僕は、実はアシスタント経験がないまま漫画家になったのですよ。もちろん、そこまで順調に行ったわけではなく、失敗も繰り返しています。最初の就職先は百貨店で、ここは2年で辞めましたし、その後、実家に戻って商店経営を引き継いだのですが、これも地元の商店街が不景気で、結局、店を畳まざるをえませんでした。

で、手っ取り早くお金を稼ぐ方法はないものかと考えていたとき、漫画雑誌の新人賞を取れば100万円が賞金として出ることを知ったのです。

松本:でも、新人賞ってそんなに簡単に取れるものではないですよね。

三田:やり方次第だと思うんですよ。先ほど、松本さんが情報収集などの準備をしっかりしてからトレーディングに臨むという話をされていましたが、新人賞を取る場合も、それと同じです。漫画の新人賞って、ほとんどの漫画雑誌で募集していますから、応募先はいくらでもあります。

ただ、選ばれなければ意味がありませんから、情報収集をするのです。僕の場合、新人賞に選ばれた作品がどういう傾向のものなのかということを、雑誌ごとに調べました。結構、雑誌によって一定の傾向が見られるのです。それを把握したら、後はその傾向に合わせた作品を描くこと。そうすれば、新人賞を取る確率がぐんと上がります。事前に下調べをしっかり行う。この点もトレーディングに似たところがありますね。

松本:漫画家の世界も競争が激しいと思うのですが、続けていくのも大変ではありませんか。

三田:本当に何でもやりましたよ。とにかく、編集部からこれを描いてくれと言われたら、すぐにそれを描く。そうしているうちに、「三田はどんなテーマでも描ける」という評価が定着していく。そうすれば、少しずつではありますが、着実に仕事は増えていきます。あとは「運」ですね。漫画家の場合、続けていけるかどうかという点において、運の要素が非常に大きいと思います。おそらく、半分くらいは運ではないでしょうか。

松本:運ですか。そこはかなり興味深い、面白い話ですね。というのも、トレーダーも運に左右される部分が結構ありますし。

三田:では、次回は「運」について少し詳しく話してみましょう。

※ 続きは10月4日(金)に掲載します

「インベスターZ」とは
 雑誌「モーニング」にて好評連載中の投資をテーマにした漫画。「ドラゴン桜」「エンゼルバンク」などヒット作を生んだ漫画家・三田紀房の新作。
<あらすじ>
おカネって何だ?
創立130年の超進学校・道塾学園に、トップで合格した財前孝史。入学式翌日に、財前に 明かされた学園の秘密。各学年成績トップ6人のみが参加する「投資部」が存在するのだ。彼らの使命は3000億を運用し、8%以上の利回りを生み出すこ と。それゆえ日本最高水準の教育設備を誇る道塾学園は学費が無料だった。
「この世で一番エキサイティングなゲーム、人間の血が最も沸き返る究極の勝負……それはカネ……投資だよ」
「インベスターZ」一巻 予告編はこちら
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT