アップルが「大中華圏統括責任者」を置くワケ 

イザベル・ゲ・マヘ氏就任、ローカライズ推進

 7月19日、米アップルは、新設した大中華圏の統括責任者のポストに同社で無線技術事業に長年携わってきたイザベル・ゲ・マヘ氏を指名した。上海で2012年2月撮影(2017年 ロイター/Carlos Barria)

[北京 19日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は19日、新設した大中華圏の統括責任者のポストに同社で無線技術事業に長年携わってきたイザベル・ゲ・マヘ氏を指名した。

ゲ・マヘ氏は、アップル製品のローカライズや、中国で導入された外国の情報技術(IT)企業に対する新たなサイバーセキュリティー規制への対応を急ぐ大中華圏チーム全体を指揮する。

アップルのクック最高経営責任者(CEO)は声明で「アップルは中国への投資と成長に強くコミットしている。ゲ・マヘ氏の指揮の下、中国事業がさらに発展することを期待する」と述べた。

ゲ・マヘ氏はこれまでに中国の国有通信会社と協力し、アップル製品のローカライズなどを担当してきた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT