全米オープンゴルフ、松山2位で初制覇ならず

首位と4打差でメジャータイトルはおあずけ

 6月18日、男子ゴルフのメジャー第2戦、全米オープンは当地のエリンヒルズ(パー72)で最終ラウンドを行い、14位タイからスタートした松山英樹(左)は8バーディー、2ボギーの66で回り、通算12アンダーの276で首位に4打差の2位タイだった(2017年 ロイター/Michael Madrid-USA TODAY Sports)

[エリン(米ウィスコンシン州) 18日 ロイター] - 男子ゴルフのメジャー第2戦、全米オープンは18日、当地のエリンヒルズ(パー72)で最終ラウンドを行い、14位タイからスタートした松山英樹は8バーディー、2ボギーの66で回り、通算12アンダーの276で首位に4打差の2位タイだった。

前日2位タイだったブルックス・ケプカ(米国)が14番ホールから3連続バーディーを奪うなど67をマークし、通算16アンダーで優勝した。単独首位でスタートしたブライアン・ハーマン(米国)は72で回り、通算12アンダーで松山と並ぶ2位となった。

小平智は通算3オーバーの46位タイ、宮里優作は通算9オーバーの60位タイ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT