「月曜日の朝は鉄道自殺が多い」は本当だった

最大のピークは日曜夜…週明けにかけて増加

天候や季節との関係など未調査の部分もあるが、週明け最初の通勤・通学時間帯に起きていることを考えると、会社や学校とも関係があるのではないか。通勤・通学時間帯をこのような形で直撃するのは月曜日以外になく、このことが「月曜日の朝は人身事故が起きて電車が遅れる」というネット上のうわさを生み出した可能性がある。

合わせて日曜日の夜も見ておこう。曜日を考慮せずに時間帯だけを見た場合、1時間あたりの鉄道自殺が350件を超えるのは、午前10時台、午後2時台、午後6時台から午後8時台の5つの時間帯だ。

この5つの時間帯に発生した鉄道自殺は計1772件に上り、うち1063件が午後6時台から午後8時台に起きている。1週間を通して、鉄道自殺の最大のピークがあるのがこの連続した3時間だ。

すでに述べたように、この時間帯、曜日別では日曜日が最も多い。俗にいう「サザエさん症候群」(日曜夜に翌日の勤務や学校のことを考えて憂鬱になる現象)が起きるといわれる時間帯だ。

日曜日に発生した鉄道自殺はこの3時間で計169件。金曜日は2番目に多い161件で、以下、水曜日と木曜日が各153件、月曜日が152件と続き、土曜日が140件、火曜日が135件だった。

日曜夜~月曜朝の自殺多発は偶然?

しかし、単純な曜日別の集計では、土曜日に次いで2番目に少ないのが日曜日だ。

それにもかかわらず、日曜日の午後6時台から午後8時台にかけて、鉄道自殺の件数が最大になるのは偶然なのだろうか。また、このピークは、半日後に始まる月曜日の朝に続いているのだろうか。

●連続する3時間の鉄道自殺件数ランキング(未遂含む)
日曜日 午後6時台~午後8時台……169件*
月曜日 午後2時台~午後4時台……163件
月曜日 午前8時台~午前10時台… 161件*
木曜日 午後1時台~午後3時台……161件
金曜日 午後6時台~午後8時台……161件
木曜日 午後5時台~午後7時台……157件
金曜日 午後7時台~午後9時台……157件
(*印はこの記事で注目した時間帯)

今後、本連載では、この謎の解明を試みていきたい。

次ページ曜日・時間帯別の鉄道自殺件数は?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。