サムスン、新型スマホ「ノート7」をリコール

バッテリー不具合による発火などが原因か

 9月2日、聯合ニュースは、韓国のサムスン電子が最新型大画面スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート7」の世界的なリコールを発表すると伝えた。写真はソウル市内の店舗で撮影(2016年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 2日 ロイター] - 聯合ニュースは2日、韓国のサムスン電子<005930.KS>が最新型大画面スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート7」の世界的なリコールを発表すると伝えた。ノート7をめぐっては、一部のユーザーからバッテリーの不具合によると見られる発火が報告されている。

報道によると、サムスンはリコールで、バッテリーを交換する。交換対象になる台数など詳細については明らかになっていない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT