サムスン電子株下落、新型スマホ出荷遅延

業績への影響はどの程度になるのか

 9月1日、同日のソウル株式市場で、サムスン電子が2%超下落、2週間ぶりの安値を付けた。時価総額70億ドル近くが吹き飛んだ計算となる。写真はソウルで2010年4月撮影(2016年 ロイター/Jo Yong hak)

[ソウル 1日 ロイター] - 1日のソウル株式市場で、サムスン電子<005930.KS>が2%超下落、2週間ぶりの安値を付けた。時価総額70億ドル近くが吹き飛んだ計算となる。

同社は前日遅く、ロイターに対し、新型の大画面スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート7」の出荷が品質管理テストのため、遅れていると表明。国内の3大通信会社への出荷を中断していることを明らかにした。

地元メディアは、ギャラクシーノート7の一部ユーザーがバッテリーの破裂を報告したと伝えていた。

市場では、モバイル部門の業績への懸念が浮上している。

IDCのアナリスト、ブライアン・マー氏は「ぶち壊しだ。前評判の高かったノート7のような製品でこのようなことが起きた」と指摘。「アップルの新商品投入を控えており、早急な対応が必要だ。これ以上悪いタイミングはない」と述べた。

HDCアセット・マネジメントのファンドマネジャー、Park Jung-hoon氏は、サムスンの下半期のスマートフォンの平均販売価格と利益について、市場の高い期待に届かないだろうと予想。モバイル部門の7━9月の営業利益が最大2000億ウォン落ち込む可能性があるとの見方を示した。

サムスン電子の上半期の営業利益14兆8000億ウォンのうち、約54%はモバイル部門の利益だ。

現代証券は「数週間以内に」問題を解決する必要があると指摘。第3・四半期の営業利益予想は据え置いた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT