サムスン電子株下落、新型スマホ出荷遅延

業績への影響はどの程度になるのか

 9月1日、同日のソウル株式市場で、サムスン電子が2%超下落、2週間ぶりの安値を付けた。時価総額70億ドル近くが吹き飛んだ計算となる。写真はソウルで2010年4月撮影(2016年 ロイター/Jo Yong hak)

[ソウル 1日 ロイター] - 1日のソウル株式市場で、サムスン電子<005930.KS>が2%超下落、2週間ぶりの安値を付けた。時価総額70億ドル近くが吹き飛んだ計算となる。

同社は前日遅く、ロイターに対し、新型の大画面スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート7」の出荷が品質管理テストのため、遅れていると表明。国内の3大通信会社への出荷を中断していることを明らかにした。

地元メディアは、ギャラクシーノート7の一部ユーザーがバッテリーの破裂を報告したと伝えていた。

市場では、モバイル部門の業績への懸念が浮上している。

IDCのアナリスト、ブライアン・マー氏は「ぶち壊しだ。前評判の高かったノート7のような製品でこのようなことが起きた」と指摘。「アップルの新商品投入を控えており、早急な対応が必要だ。これ以上悪いタイミングはない」と述べた。

HDCアセット・マネジメントのファンドマネジャー、Park Jung-hoon氏は、サムスンの下半期のスマートフォンの平均販売価格と利益について、市場の高い期待に届かないだろうと予想。モバイル部門の7━9月の営業利益が最大2000億ウォン落ち込む可能性があるとの見方を示した。

サムスン電子の上半期の営業利益14兆8000億ウォンのうち、約54%はモバイル部門の利益だ。

現代証券は「数週間以内に」問題を解決する必要があると指摘。第3・四半期の営業利益予想は据え置いた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。