ソフトバンクが再挑戦?米国通信の大合併

スプリントとTモバイルは合併するのか

8月17日、ソフトバンクの孫正義社長が、傘下の米携帯電話大手スプリントと同業の米TモバイルUSの合併構想をなお持ち続けているとブルームバーグが関係者の話として伝えた。ニューヨークで2009年7月撮影(2016年 ロイター/Brendan McDermid)

[17日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>の孫正義社長は、傘下の米携帯電話大手スプリント<S.N>と同業の米TモバイルUS<TMUS.O>の合併構想をなお持ち続けており、再び試みる可能性がある。ブルームバーグが関係者の話として伝えた。

ソフトバンクは2013年にスプリントを買収後、スプリントによるTモバイル買収を試みた。しかし、米連邦通信委員会(FCC)や米司法省反トラスト局が競争上問題があるとして買収に難色を示したことを受け、2014年に断念した。

関係者は、米大統領選後の新政権で就任するFCCトップがスプリントとTモバイルの合併に理解を示すと孫社長が判断した場合、おそらく再度買収を試みるとの見方を示した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。