ソフトバンクが再挑戦?米国通信の大合併

スプリントとTモバイルは合併するのか

8月17日、ソフトバンクの孫正義社長が、傘下の米携帯電話大手スプリントと同業の米TモバイルUSの合併構想をなお持ち続けているとブルームバーグが関係者の話として伝えた。ニューヨークで2009年7月撮影(2016年 ロイター/Brendan McDermid)

[17日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>の孫正義社長は、傘下の米携帯電話大手スプリント<S.N>と同業の米TモバイルUS<TMUS.O>の合併構想をなお持ち続けており、再び試みる可能性がある。ブルームバーグが関係者の話として伝えた。

ソフトバンクは2013年にスプリントを買収後、スプリントによるTモバイル買収を試みた。しかし、米連邦通信委員会(FCC)や米司法省反トラスト局が競争上問題があるとして買収に難色を示したことを受け、2014年に断念した。

関係者は、米大統領選後の新政権で就任するFCCトップがスプリントとTモバイルの合併に理解を示すと孫社長が判断した場合、おそらく再度買収を試みるとの見方を示した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。