ソフトバンクが再挑戦?米国通信の大合併

スプリントとTモバイルは合併するのか

8月17日、ソフトバンクの孫正義社長が、傘下の米携帯電話大手スプリントと同業の米TモバイルUSの合併構想をなお持ち続けているとブルームバーグが関係者の話として伝えた。ニューヨークで2009年7月撮影(2016年 ロイター/Brendan McDermid)

[17日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>の孫正義社長は、傘下の米携帯電話大手スプリント<S.N>と同業の米TモバイルUS<TMUS.O>の合併構想をなお持ち続けており、再び試みる可能性がある。ブルームバーグが関係者の話として伝えた。

ソフトバンクは2013年にスプリントを買収後、スプリントによるTモバイル買収を試みた。しかし、米連邦通信委員会(FCC)や米司法省反トラスト局が競争上問題があるとして買収に難色を示したことを受け、2014年に断念した。

関係者は、米大統領選後の新政権で就任するFCCトップがスプリントとTモバイルの合併に理解を示すと孫社長が判断した場合、おそらく再度買収を試みるとの見方を示した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT