リネカー氏がパンツ一丁でテレビ番組に出演

レスター優勝で約束守る

 8月13日、サッカーの元イングランド代表FW、ゲーリー・リネカー氏(右)が、プレゼンターを務める英BBCのプレミアリーグのハイライト番組「マッチ・オブ・ザ・デイ」にパンツ一丁で出演した。オールド・トラフォードで5月撮影(2016年 ロイター)

[ロンドン 13日 ロイター] - サッカーの元イングランド代表FW、ゲーリー・リネカー氏(55)が13日、自身がプレゼンターを務める英BBCのプレミアリーグのハイライト番組「マッチ・オブ・ザ・デイ」にパンツ一丁で出演した。

同氏は昨年12月、プレミアリーグでレスターが優勝すれば、次シーズンの初回の番組に下着姿で登場すると宣言。予想に反してレスターは優勝したことから、この約束を守った。

リネカー氏は、他のプレゼンターが後ろで笑うなか、白いボクサーショーツのみを着て真顔で番組をスタート。その後「もうばかげた行為は十分だ。着替える」と話し、それ以降は服を着て登場した。

リネカー氏はBBCに対し「昨年12月当時はレスターがリーグを制する可能性はゼロだと分かっていた。それは現実のものとなったが、マジックのようで、素晴らしかった」と述べた。

同氏は1978─85年にレスターでプレーし、95得点を記録した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。