有料会員限定

文豪・三島が「娯楽小説」でこっそり告白した本音 三島由紀夫『命売ります』が描く人生の空虚②

✎ 1〜 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 最新
拡大
縮小
三島由紀夫『命売ります』
三島由紀夫『命売ります』ちくま文庫

三島由紀夫『命売ります』は、自らの命を商品化するという発想自体が奇妙きてれつなうえに、羽仁男の元を訪れる「命購入希望者」たちも、なかなか強烈な顔ぶれである。

それは妻を寝取られた老人、人体実験を代理で受けてほしい図書館職員、吸血鬼の母を持った少年、巨大な陰謀に巻き込まれたA国の大使。さらに彼らに加えて、羽仁男を狙う秘密組織の人々が絡んで、とにかく大忙し。

一人ひとりの依頼者にまつわる小さな物語は完璧な「起承転結」で構成されており、推理小説、怪奇小説、恋愛小説、ホラーなどの要素が巧みに織り交ぜられているので、読んでいて気持ちがいい。さすが三島、娯楽作品といえどもまったくぬかりがない。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内