有料会員限定

EV充電「エネチェンジ」、監査法人の指摘で窮地 特別目的会社をめぐり不適切な会計処理か

拡大
縮小
3月28日の株主総会では城口洋平CEOなどの取締役選任は承認されたものの、決算報告は見送った(撮影:尾形文繁)
※本記事は「会社四季報オンライン」でも有料会員向けに配信しています

エネルギーテックベンチャーのENECHANGE(エネチェンジ)が激震に見舞われている。

前2023年12月期について、あずさ監査法人の指摘を受け入れ、大規模な決算内容の修正を行う必要がある。エネチェンジは3月28日に開催した株主総会での決算報告を見送るなど、影響は甚大だ。

同社は2023年12月期第4四半期に黒字に転じ、2024年12月期には売上高100億円(前期比約51%増)、利益面でも通期では黒字化するとの見通しを2月9日の決算短信で発表していた。しかし、今回の決算修正により、成長シナリオは土台から崩れる事態になった。

EV充電ビジネスが問題の震源地に

エネチェンジは3月27日、あずさ監査法人の指摘を受け入れ、前2023年12月期の売上高66億円のうち22億円を減額。そして、営業損失8億円を追加計上する見込みだと明らかにした。

同社の説明に基づけば、2023年12月期の売上高は43億円程度にとどまる一方、営業赤字は19億円程度、経常赤字は21億円程度に膨らむとみられる。2024年12月期の黒字化計画も白紙に戻さざるをえないだろう。

この問題の震源地となったのが、EV(電気自動車)充電事業をめぐる会計処理だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内