ランボルギーニ最新旗艦車種「レヴエルト」の魅力 あの「カウンタック」がこんなにも進化した

拡大
縮小
V12エンジンに電気モーターが加わったパワーとトルク、意のままに動かすことができるフットワーク。その走りは快感というほかはない(写真:Automobili Lamborghini)

背後で唸るV12ユニットは、いかにも自然吸気らしい繊細なレスポンスと胸のすく伸びの良さを見せる。排気量6.5リッターもある、つまりは大きなサイズのピストンを持つエンジンが9000rpm超まで一気に吹け上がる様は、それだけで感動的だ。

しかも、そこに電気モーターのアシストも加わって、圧倒的なまでのパワーとトルクをあふれさせるのだからたまらない。全能感とでも言いたい、右足ひとつですべてがどうにでもコントロールできる感覚はやみつきになる。

フットワークも、また素晴らしい。4輪は常に路面に吸い付くようにグリップし、ステアリングを切り込めば思い描いた軌跡をそのままたやすくトレースしていくことができる。これだけのサイズの、1015HPという速さを持つクルマを、まさしく意のままに動かすことができるのだから快感というほかない。

望めばテールスライドもたやすい

もちろん、それには各種電子制御、そして3モーターのプラグインハイブリッドのおかげでもあるが、決してクルマに乗せられているという感覚にはならないのがさすがだ。望めばテールスライドを誘発させることだってたやすいから、とにかく夢中になって走りに没頭してしまった。前作アヴェンタドールでは、こうした走りは不可能とは言わないが、相当ハードルが高かったはずである。

クンタッチ以来続くフォルムや、V型12気筒エンジンといった絶対領域を守りながら、実はそれ以外のすべてを完全に刷新して時代が求める価値をしっかり手に入れたレヴエルトの完成度の高さには、見るほどに乗るほどに唸らされるばかりだった。クンタッチから脈々と続くランボルギーニのフラッグシップの歴史が、今後レヴエルトの前後で区切られ語られることになるのではないだろうか。

この記事の画像を見る(38枚)

古くからの信奉者ばかりでなく、新しいファンにもアピールすることは間違いないこのレヴエルト。実際、生産枠はすでに3年先の分まで埋まっているそうだ。

ランボルギーニの新しいファンを獲得することは間違いない(写真:Automobili Lamborghini)
島下 泰久 モータージャーナリスト

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

しました・やすひさ / Yasuhisa Shimashita

1972年生まれ。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。走行性能からブランド論まで守備範囲は広い。著書に『間違いだらけのクルマ選び』(草思社)。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT