塩野義、国産初の「新型コロナ」治療薬の期待値 本質的な効果の見極めと評価はこれからだ

拡大
縮小

塩野義製薬が開発した新型コロナ治療薬「ゾコーバ」は紆余曲折を経てようやく承認された。ただ、ウイルスが変異していく中、薬の有効性を今後どのように評価していくかなど課題も少なくない。

塩野義製薬のコロナ治療薬「ゾコーバ」の製造ライン
塩野義製薬の新型コロナウイルス治療薬「ゾコーバ」の製造ライン。11月22日に厚労省の審議会で緊急承認され、患者向けに処方も始まった(写真:塩野義製薬)

「現時点で100点満点の薬とは思っていないが、既存の新型コロナ治療薬と比べた総合力では、良いものを作った」

11月24日、都内で開かれた塩野義製薬の緊急会見。手代木功会長兼社長CEOは、新型コロナ治療薬「ゾコーバ錠」の評価について問われると、こう答えた。2月の承認申請からおよそ9カ月を経た11月22日、世間の耳目を集めた「初の国産治療薬」がようやく承認されたことを受けての会見だった。

厚生労働省は、緊急承認によって100万人分を買い上げることをすでに決定しており、塩野義はこの契約による売上高を約450億円としている。海外も含めた売上高は約1100億円と見込む。2021年度の売上高が約3300億円の塩野義にとって、ゾコーバはかなり大きな存在になる。

次ページゾコーバの安全性や有効性は
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内