スタバが問われる「使い捨て文化」からの脱却 グリーンピース調査でごみ排出の実態が判明

拡大
縮小

カフェ業界におけるカップ使い捨ての実態が明らかになった。他のカフェチェーンの合計より多い量をスターバックスが1社だけで排出していることも判明した。

カフェチェーンは容器ゴミの問題にどう対応するのか
カフェチェーンは容器ゴミの問題にどう対応するのか(撮影:RailmanPhotoOffice/Greenpeace)

スターバックスのカップ再利用率(リユース率)はわずかに3%――。

日本のカフェ業界における飲料容器(カップ)の使い捨て問題の全貌が、国際環境NGO「グリーンピース・ジャパン」の調査によって判明した。

グリーンピースによると、最大手のスターバックスコーヒージャパンでは、カップを洗うなどして繰り返し使用するリユースの割合は全体のわずか3%にとどまった(2020年時点)。テイクアウト(持ち帰り)だけでなく、イートイン(店内飲食)でも多くの飲料がプラスチックや紙製の使い捨てカップで提供されているためだ。なお、同社はリユース比率を公表していない。

同社はESG(環境・社会・ガバナンス)に関する企業ランキングで高い評価を得ているケースが少なくないが、容器の使い捨て問題に関する限り、課題が多いことが浮き彫りになった。

衝撃的な調査結果

グリーンピースは7月、スターバックスやタリーズコーヒージャパンなど大手9チェーンを対象に、各チェーンでのカップの総量や使い捨てカップの割合などを算出した結果を公表した。テイクアウトとイートインに分けて、使い捨てカップの使用状況を明らかにした。

各チェーンへのアンケート調査も実施し、その回答と突き合わせることにより、グリーンピースによる推定結果が妥当であるかを確認したが、調査結果は衝撃的なものだった。

次ページ店舗によってまちまちな対応
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内