永守重信・日本電産社長--365日、朝から晩まで母に教わった全力疾走(下)


 今年で67歳。が、二人の息子に後を継がせるつもりは毛頭ない。「あと20年は経営トップを続ける」。

永守は全力疾走の足を止めない。止められない。すぐ側で、母親が自分の一挙手一投足をじっと見つめているのだから。

本社20階の社長室。その東向きの窓から母の墓が見える。母もそこから社長室の永守を見ている。

時々、声が聞こえてくる。「おまえは人の2倍働いているか」。

体調が優れず、早めに帰ろうとすると、また、母の声。「もう帰るのか」。今はメールという便利なものがあるから、家でも仕事ができるねん。そんな言い訳をしようものなら、「とたんに音信不通や」。

いや、違うねん。母ちゃんな、トイレに行こうとしただけやで。かばんを置き、あたふた、またデスクに戻る永守なのである。=敬称略=

◆日本電産の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(梅咲恵司 撮影:今井康一 =週刊東洋経済2011年2月19日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

ながもり・しげのぶ
リスクに果敢に挑戦する。「安全第一の人生なんて、送る気はしない」。ゴルフの際、キャディのアドバイスを無視して池越えを狙う。結果は「池ポチャや」。失敗しても、「ネアカいきいき、へこたれず」。経営も右に同じ。「人生はサインカーブ。平坦ではなく、悪いことも、よいこともある。どうせなら、楽しまないと」。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT