三菱自動車、今期売上高予想を微妙に減額

タイ、中国の販売計画が下振れ

一方、三菱自は仏ルノー<RENA.PA>からのOEM(相手先ブランドによる生産)供給による大型・中型セダン2車種の調達中止を受けて、新たな調達先を模索する方針を明らかにした。

田畑常務は、調達見送りの経緯について「お互いの検討の中で、ウィンウィンの(ともに利益を得る)関係が築けないという結論に至り、検討を終了した」と説明した。

同席した黒井義博常務執行役員は、特に中型セダンに関しては北米を含め、グローバルで「必要となる地域がある。別途、供給を受けるパートナーを探す」と述べ、優先して検討していく考えを示した。

三菱自は2013年11月に発表した日産自動車<7201.T>・ルノー連合との提携拡大計画の1つとして、ルノーからセダン2車種を調達する方向で協議を進めていたが、調達を見送ることでこのほど合意した。

(白木真紀)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。