キリンHDが突き進む「ビール偏重」からの脱却 磯崎社長「ヘルスサイエンスで道筋をつける」

印刷
A
A

自ら立ち上げた「ヘルスサイエンス事業」の大幅な成長を描く、キリンHD磯崎功典社長。その腹積もりはいかに。

ホールディングス全体としてはビール、医薬事業に加え、ヘルスサイエンス事業の強化を目指す(記者撮影)

特集「キリンの賭け」の他の記事を読む

キリンホールディングス(HD)は2027年までの長期経営構想で、同社が開発した「プラズマ乳酸菌」などを販売する「ヘルスサイエンス事業」を新たな利益の柱として位置付ける。2019年に発表された同構想は、磯崎功典社長肝煎りの重要施策だ。
だが、2021年12月期に466億円の減損損失計上を余儀なくされたミャンマー事業の撤退など、構想には誤算も生じている。磯崎社長は先行きをどう見据えているのか。磯崎社長に聞いた。

ミャンマー事業の撤退は「痛い」

――ミャンマーの国軍系企業と合弁で展開していた現地でのビール事業は、軍のクーデターにより人権リスクが表面化し、2022年6月末までに撤退すると表明しました。

今はウクライナでの人道危機に関心が向いているが、ミャンマーの人権問題は世界が注目している。ミャンマー事業の売り上げはキリンHD全体のおよそ1割を占めていたので、それは残念ですよ。撤退は痛いです。

ただ、(2020年に買収した)アメリカのクラフトビール子会社のニュー・ベルジャン・ブルーイングは、環境や社会問題などに配慮した企業への国際的な認証である「Bコープ」を持っている。それだけにESG(環境・社会・企業統治)に対する関心が強い。

――ニュー・ベルジャン社の存在が、ミャンマー事業に影響を与えたのですか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内