ベトナム初「ハノイ都市鉄道」で渋滞解消なるか 待望の開業、バイクに慣れた市民は利用する?

印刷
A
A
ベトナム初の都市鉄道、ハノイメトロ2A号線の車両(写真:Shimpei)
この記事の画像を見る(13枚)

アジア各国の中でも急速な成長を遂げているベトナム。「チャイナプラスワン」の掛け声のもと、日本からも多くの企業がベトナムへ進出しており、現地には「日本街」ができるほどの盛況ぶりをみせている。とくに南北の大都市、首都ハノイと経済都市ホーチミン市は人口集中が進んでおり、道路渋滞の解消と住宅地の郊外への分散を目指し、都市鉄道の敷設プロジェクトが進んでいる。

そんな中、2021年11月にベトナム初の都市鉄道として、「ハノイメトロ」の最初の路線、2A号線がついに開業した。急成長する国の首都で待望の大量交通機関として走り始めた新たな鉄道の現況を紹介する。

最初の路線は中国企業が建設

2A号線はハノイ中心部のドンダー区カットリン駅と、街の南西にある住宅開発エリア、ハドン区イエンギア駅とを結ぶ約13kmの路線だ。駅は全12駅で、全線の所要時間は約25分。運行会社によると、ピーク時間帯は6分間隔、その他の時間帯は10分間隔で運行する。運賃は片道の最低料金が8000ドン(約42円)とベトナムの物価を意識した値立てとなっている。起点から終点まで乗っても1万5000ドン(約84円)と100円以下だ。そのほか、1日乗車券は3万ドン(約168円)、1カ月定期券は20万ドン(約1120円)となっている。

ハノイメトロが公表している計画路線数は全部で8路線あり、現在は3号線の建設が最終段階に達している。こちらは2023年開通の見込みとされる。

最初の路線としてこのたび開業した2A号線は、中国の「中鉄六局集団」という会社が設計・調達・建設を一括して請け負うEPC(ターンキー)方式で契約。資金は中国からの政府開発援助(ODA)を活用し、総投資額は8億6800万米ドル(約1110億円)だ。

次ページ車両や駅も中国の地下鉄風
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT