ファミマ「無人決済店1000店計画」に潜むハードル セブンやローソンとまったく異なる出店戦略

印刷
A
A

国内のコンビニ店舗数が飽和と言われる中、店舗網の拡大を狙うファミマ。その出店戦略のカギを握るのが「無人決済店舗」だ。2024年度までに1000店体制を目指すが、そこにはいくつかの課題もある。

東京駅横のビルに入る無人決済店の第1号店。ビルの上階には有人店舗も(撮影:梅谷秀司)

特集「ファミマの猛追」の他の記事を読む

「いらっしゃいませ」。透明のゲートが開き店内に足を踏み入れると、明るい機械音で声をかけられた。

東京駅すぐの高層ビルにあるファミリーマートの無人決済店。店内を見渡すと、弁当類やドリンク類、お菓子、日用品が配置された棚にずらりと並ぶ。30~50代とおぼしきスーツ姿の男性数人が商品を物色している。品ぞろえはやや少ないが、ほかのコンビニと大きな違いはない。

出口にあるのが無人レジ。画面上の「お会計」を押すと、手にとった商品の一覧が表示される。基本的に商品のバーコードを自分で読み込ませる必要はない。支払いは現金、クレジットカード、タッチ決済、QRコード決済のいずれか。支払いを済ませると無人決済機横のゲートが開く。

「ありがとうございました」。機械音を背中で聞きながら、店を後にした。

国内での拡大を狙い続ける

次ページ背景にある「従来型」の限界
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内